つぶやき医学生担当

倉敷の病院の医局の片隅からつぶやきが聞こえてくる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「夏も終わりが近づく、医学生実習」

8/178/26、医学生さんが実習に来ていました。

17日は出張のため、私はAさん(4年生)に会えず。とても残念・・。

しかし沢山の先生や他スタッフに関わってもらったので受け入れ自体はオールOK。

内容は、ご本人より希望のあった産婦人科や、初診外来、さくらんぼ助産院などみてもらった。

さくらんぼ助産院では、一歳児検診に来ていた赤ちゃんを抱かせてもらい、感激の様子だったとのこと。

楽しく実習ができたとの感想で、よかったと思う。

また来てくれるととても嬉しい。Aさん、届いてますか。


26日はSさん(5年生)が来院。

彼はバスケが得意らしい。

小中学校と大学でバスケ部。

下地の差はでかい。

先輩達がフルコートを使って練習する姿を見ながら、ひたすらコート外でドリブルの練習をさせられたり、

先輩達が台を占領し楽しげに卓球を繰り広げるさまをみながら、ひたすらラケットを持って素振りをしたり、

「とりあえず走れ!」と言われ、ひたすら走り続けたりして、

そんな下地の上に”経験者”という呼び名、いや「役職」が付与される。

それは、置いといて・・・

Sさんは「実習で特にここがみたい!」というものはなかったので、満遍なく全体をみてもらうプランとなった。手短にスケジュールを紹介すると、

初診外来
予約外来
院内見学
昼食
外科レクチュア(胃がんについて)
  コメディカル対象の病棟学習
手術見学
病棟回診帯同
抄読会
夕食会


となる。

20100826医学生実習

感想・・・
「今までで一番ほったらかしにされない実習でした。」

ははっ!有難き幸せ。ふふ、当院の実習のうりはそこなのだ。ニヤリ

多忙の中、先生達が入れ替わり立ち代り関わってくれていた。受け入れ担当の私としてもうれしいのだ。ニヤリ


医学生さんの夏休みも終わりが近づいている。

実習生さんがいると職員もいつもより活気に満ちている(気がする)。たくさんきてほしいものである。


Sさんがバスケ部だという話を聞き、高校生の頃を思い出した。

私の高校にはその高校の名前を冠した○○体操というものが存在した。

2年生の体育はほとんどがその体操に費やされた苦い思い出がある。
一人でも真面目にしない者がいると連帯責任でグランドをエンドレスに走り続けることになる。

当然ながら反抗する戦士も少なくないが、武闘派の先生がいたりして、2、3発のダメージを受け、志半ばにジョグの隊列にもどってくる。


2学期は秋のはずなのに、暑かった。15~6年前の話である。


スポンサーサイト
  1. 2010/08/27(金) 17:45:04|
  2. 医学生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。